• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
#include2(Chapter/補足リンク,1-2,none)
#include2(Chapter/記憶の図書館/navi,,none)
#include2(Chapter/補足リンク,16-16,none)
*EP1 Chapter13 Part2 [#z85f98f8]
*EP1 Chapter13 Part2<Tales Weaver> [#z85f98f8]
#block(wholewidth:600,wholealign:left,backcolor:#FFE8E8,border:solid 1px #CAA)

CENTER:◆ 記憶の図書館バージョン変更点 ◆
----
-全キャラクター共通
--%%ワープポイントの行き先に慟哭の塔が自動で追加される%%
--ボス戦以外のフロアの大半が省略される
--旧キャプチャー13-2で苦労したレバー操作はありません
--「†テシスの護符」の代わりに「†テシスの護符R」を入手
--クリア報酬に「†発顕の羽」を追加。「秘密の部屋の鍵」は入手不可
--雑魚敵はLV97、ボス格はLV100
//(※要検証・コメントアウトの是非)--EP1最終ボスの攻撃パターンの変更の可能性あり

#block(end)
#contents
#areaedit(btn:<チャプター13 Part2を編集>,nofreeze)
**全キャラクター [#a17c2s9b]

&br;
読むのが面倒なかたはこちら ⇒[[慟哭の塔簡易表>Dungeon/慟哭の塔#dokoku_kani]]

-Ver4.62の変更点(09/06/18)
--エピソード1チャプター13-2の慟哭の塔に出現するモンスターの数の再調整を行いました。
---複数回湧きの階の修正が行われ、1回湧きに変更されました。
---複数回沸きの階の修正が行われ、1回沸きに変更されました。
&br;&br;
-チーム(フル定員)推奨レベル200以上
-チーム(15人)推奨レベル200以上
--火力として動くならX232以上必須(とくに32F以降)。尻尾王子、猫葉大老、マンティスキングをソロであたりまえに倒せるステータス、装備があると心強い。
--最低でもモナor175武器で行くのが望ましい。セイラ・メトゥラ・プンシオンレベルだと今の仕様ではつらい。
&br;雑魚相手に安定して当てて回避をするにも、モナレベルは必要(32Fまでならゴリ押しできなくもないがダダンガ戦で現実を見ます)
&br;あまりにも高レベルキャラに依存するようなプレイヤーは論外。足手まといにしかならないので参加は自粛したほうが良い。
--例外として、MR・DEFの高い白や姫ティチならば、支援役としてセイラやメトゥラでも半端な灰や黒ティチよりも活躍する場合がある。
--ボスを倒すと飛ぶボスMAPはCOLOR(red){必ずチーム全員揃った状態でボスを倒す事}。
&br;後続のメンバーが居るのに倒してしまうと、それらのメンバーは飛ばされることもなく進めなくなってしまうので注意が必要。
--非常に時間がかかるので注意。最低でも3~4時間程度はAFK、中断せずにプレイできるようにしておくこと。
--例外を除き(16Fでリログしても戻ってこれるため16Fで中断可能)&color(red){リログ・回線落ちは失敗扱いで塔の外へ追放されます。};&br;
 リーダーが落ちた場合に続ける場合は、外で落ちたリーダーが中に残っている人にリーダーを移して下さい。
--ラスボスを倒す前にインベントリに(恐らく)最低2個は空きを作っておくこと。さもないと、クリア失敗になるので注意。
--クリア後にベンヤに話し掛けて[町へ戻る]を選択することで、†テシスの護符を入手。リログで町へ戻らないこと。
&br;&br;
-EP2実装以降
--POTディレイ実装によって、ライフPや生命のかけらの重要性が大幅に上がった。
&br;上記のような、白姫ティチの出番がさらに増えた(ボス系のタゲを引き受けている人へのヒールなど)
&br;半端回避・低HPのキャラは、POT連打でのごまかしが効き難くなったので注意。(07/3/3追加)
&br;
&br;

-攻略後バグ関係
--ラスボス倒した後、経験値、鍵のみ入手しイベントが開始されず、護符ももらえないバグが発生(07/3/4)
--上記のバグ発生を確認、発生条件は不明。ネクソンにSSを添付した報告メールを送信済み。どのような対処がされるかは不明。(07/3/18)
--上記のバグ発生後、ネクソンにメールを送り、サポートがあったので報告。
&br;サポート内容:秘密の鍵1個が送られ、それを使ってベンヤ部屋進入。その後に街に戻ると護符が貰えEP1もクリアしたことになります。(07/3/22)
&br;     追記:不具合メールを送り、ネクソンから返信メールと一緒に該当キャラに鍵(塔クリア後に貰える鍵3つとは別)が送られてるので、それを使ってベンヤ部屋へ行くのが条件です。
&br;          サポートメールも送らずに、塔クリア後に貰える鍵を使っても無駄なので、まずはネクソンにメールを送りましょう。
--上記のバグが未だに生じる事を確認しました。鍵入手後、リログで慟哭の塔から脱出し、カーディフにて鍵を使用したところ、ベンヤ部屋へ飛ぶ事は出来ました。
&br;しかし、そこで「町へ戻る」を選択しても護符は入手できませんでした。(07/4/8)
&br;
&br;

|CENTER:50|70|550|c
|>|~場所|~条件、補足説明、注意点など|h
|>|>|BGCOLOR(#FFE4C4):慟哭の塔の入り口からチャプター13-2スタート。&br;32階と48階は休憩所になっている。そこではWPの登録と、NPCからアイテムを購入できる。&br;塔の中は中央をくり抜いた円形が基本だが、黄金DのMAPなど色々MAPが混在している。&br;1〜47Fは環境マナが少ないところがあり、49F↑はレバーで時間がかかる。&br;スタミナ回復も十分に持っておいたほうが良い。POTは2000個は無いと危ない。&br;秘密の部屋の鍵はペンヤの部屋へワープ出来る(消耗品)|
|[[慟哭の塔>Dungeon/慟哭の塔]]|[[1〜32F>Dungeon/慟哭の塔#dokoku1-5]]|16Fでリログしても戻ってこれるため16Fで中断可能。&br;環境マナ99になる17Fからが正念場。&br;突ルシピンやテチ等はかなりスキル制限がかかるので注意。斬・複合型が活躍しやすい。&br;テチは支援に徹してしまってもいい。半端なMRで低レベルヒールよりもワイドヒールの方が効果が高い場合が多いのでオススメ。&br;DOPエリアは回線との勝負。スキル最小化をしておかないと低スペックPCは敵のSCやサンライズの一斉掃射で鯖キャンされかねない。&br;32Fでイベントがある人は、所属ギルドの人数に注意。アクシピターとS&Aのどちらかに人数が偏っていると辛い場合がある。&br;DOP戦〜32Fイベントでは炎の糸玉を有効利用できるので少しでも持っておくと吉(とくにミラ、シベリン)。|
|~|[[32〜48F>Dungeon/慟哭の塔#dokoku33-37]]|41Fまでは比較的楽。42Fのクリムゾンはレーザーの範囲に注意。&br;固まっていると、気づけば全滅なんてことも。ナヤがいれば木の葉でタゲを引き受けると楽かも。&br;43Fからが長丁場。環境マナ99+リッチ+HP半減罠は極悪。&br;全員で固まっていたりうろうろと移動を繰り返しているとトラップ地獄に陥りかねないので(暗闇+アンデット等になると極FMステでもないとほぼ確実に死ぬ)、1人でもある程度の雑魚殲滅が可能な人が多い場合はリッチが湧くと思われる場所にリッチを倒せるくらいのスペックの人を数名、他は各自散開し、極力動かずに雑魚を殲滅するようにした方が良い。&br;テチは白や姫がいると全滅率がグっと下がる(但し、アンデッドに注意)。ワイドヒールの他に高Lvリザレクションがあると○。&br;47Fのボスはイベントある人とない人(お手伝い)との時間差が怖い。&br;イベント中の人たちが戻ってくるまでに耐えれそうにないなら、時間を少しずらしてから登ると良い。&br;ここもMR極の白や姫テチがいると全滅率が大きく下がる、が環境マナは99のままなので前衛はライフPや生命のかけらを常備しておかないと回復が間に合わないことも多々ある。&br;即死の繰り返しで防戦一方になり、そのまま全滅のパターンは避けよう。&br;リッチ3体が狭い範囲にいる+ボスのため43〜46Fよりかなりきつい。まずリッチを1体でも減らすことを考え集中攻撃を心がけよう。戦力分散は危険。|
|~|[[48〜最上階>Dungeon/慟哭の塔#dokoku49-53]]|ここから辛かった環境マナ制限が完全になくなる。49〜53Fは雑魚が強くなった黄金Dなので省略。&br;54Fからは環境マナ制限のないリッチMAP、43〜47Fを抜けたメンバーなら問題はないハズ。&br;けれど55,57Fのレバートラップは、失敗すると下の階に戻される(敵も復活する)ので運次第で攻略時間が驚くほど変わる。&br;引きが悪いと何回もリッチMAPを往復することになり、HP半減・SP0・MP0のトラップとの相乗効果で回復剤消費が非常に激しいので準備は念入りに。&br;レバートラップの下の階にチーム員の誰かに残ってもらうと、レバー失敗で下の階に戻されても、残ってもらってる階には敵は沸かないので保険に誰かに居てもらうの手(通称:生贄)。&br;残された人は57Fのレバーが成功した時点で置き去りになりますが、レバークリア直後に56階からクリア済みの57階に進め、58階へのポータルがあるので、58階メンバーと合流できます。そのため、クリア済の人(できれば2人以上)に手伝って貰うのが理想。&br;あと全部の階に人を残すと当然、進行人数が減ることになるので最低55F(レバークリアのままになる)にだけは生贄を置くのがオススメ。&br;58Fボスは、47F以上にイベント組の時間差に注意。&br;サキュバスの攻撃力がかなり高い上に範囲主体なのでリッチの魔法と組み合わされると47F以上にアッサリ全滅する。&br;ここも前衛・火力組はリッチの数を減らすまで、ライフPや生命のかけらなどを惜しみなく使おう。&br;リッチの数を減らし、サキュバスの攻撃範囲にさえ気をつければ問題はない。サキュバスのタゲが誰なのかを確認しておこう。&br;&br;58Fより上はイベント消化の階みたいなもの。EP1のクライマックスへと駆け上ろう。但し、全員そろうまでボスは倒さないこと。&br;ここより先のボスの攻略は記載しないでおく。戦闘不能回復を優先さえすれば、ここまで来た人たちなら勝てるハズ。&br;幸運を祈る!|
|>|クリア報酬|経験値300k,秘密の部屋の鍵×3,†テシスの護符|
|>|>|BGCOLOR(#FFE4C4):慟哭の塔の入り口からチャプター13-2スタート。&br;32階と48階は休憩所になっている。%%そこではWPの登録と、NPCからアイテムを購入できる。%%&br;塔の中は中央をくり抜いた円形が基本だが、黄金DのMAPなど色々MAPが混在している。&br;1〜47Fは環境マナが少ないところがあり、49F↑はレバーで時間がかかる。&br;スタミナ回復も十分に持っておいたほうが良い。POTは2000個は無いと危ない。&br;暗黒・アンデッドトラップがあるために目薬、万能薬などの準備もしておくこと。&br;秘密の部屋の鍵はベンヤの部屋へワープ出来る(消耗品)|
|[[慟哭の塔>Dungeon/慟哭の塔]]|[[1〜32F>Dungeon/慟哭の塔#dokoku1-5]]|16Fでリログしても戻ってこれるため16Fで中断可能。&br;環境マナ99になる17Fからが正念場。&br;突ルシピンやテチ等はかなりスキル制限がかかるので注意。斬・複合型が活躍しやすい。&br;テチは支援に徹してしまってもいい。半端なMRで低レベルヒールよりもワイドヒールの方が効果が高い場合が多いのでオススメ。&br;DOPエリアは回線との勝負。スキル最小化をしておかないと低スペックPCは敵のSCやサンライズの一斉掃射で落ちかねない。&br;32Fでイベントがある人は、所属ギルドの人数に注意。アクシピターとS&Aのどちらかに人数が偏っていると辛い場合がある。&br;DOP戦〜32Fイベントでは炎の糸玉を有効利用できるので少しでも持っておくと吉(とくにミラ、シベリン)。|
|~|[[32〜48F>Dungeon/慟哭の塔#dokoku33-37]]|41Fまでは比較的楽。41Fで全滅に失敗(時間切れ)したら38階に落とされる。42Fのクリムゾンはレーザーの範囲に注意。&br;固まっていると、気づけば全滅なんてことも。ナヤがいれば木の葉でタゲを引き受けると楽かも。&br;43Fからが長丁場。環境マナ99+リッチ+HP半減罠は極悪。&br;全員で固まっていたりうろうろと移動を繰り返しているとトラップ地獄に陥りかねないので(暗闇+アンデッド等になると極FMステでもないとほぼ確実に死ぬ)、1人でもある程度の雑魚殲滅が可能な人が多い場合はリッチが湧くと思われる場所にリッチを倒せるくらいのスペックの人を数名、他は各自散開し、極力動かずに雑魚を殲滅するようにした方が良い。&br;テチは白や姫がいると全滅率がグっと下がる(但し、アンデッドに注意)。ワイドヒールの他に高Lvリザレクションがあると○。&br;47Fのボスはイベントある人とない人(お手伝い)との時間差が怖い。&br;イベント中の人たちが戻ってくるまでに耐えれそうにないなら、時間を少しずらしてから登ると良い。&br;ここもMR極の白や姫テチがいると全滅率が大きく下がる、が環境マナは99のままなので前衛はライフPや生命のかけらを常備しておかないと回復が間に合わないことも多々ある。&br;即死の繰り返しで防戦一方になり、そのまま全滅のパターンは避けよう。&br;リッチ3体が狭い範囲にいる+ボスのため43〜46Fよりかなりきつい。まずリッチを1体でも減らすことを考え集中攻撃を心がけよう。戦力分散は危険。|
|~|[[48〜最上階>Dungeon/慟哭の塔#dokoku49-53]]|ここから辛かった環境マナ制限が完全になくなる。49〜53Fは雑魚が強くなった黄金Dなので省略。&br;54Fからは環境マナ制限のないリッチMAP、43〜47Fを抜けたメンバーなら問題はないハズ。&br;けれど55,57Fのレバートラップは、失敗すると下の階に戻される(敵も復活する)ので運次第で攻略時間が驚くほど変わる。&br;引きが悪いと何回もリッチMAPを往復することになり、HP半減・SP0・MP0のトラップとの相乗効果で回復剤消費が非常に激しいので準備は念入りに。&br;レバートラップの下の階にチーム員の誰かに残ってもらうと、レバー失敗で下の階に戻されても、残ってもらってる階には敵は沸かないので保険に誰かに居てもらうの手(通称:生贄)。&br;残された人は57Fのレバーが成功した時点で置き去りになりますが、レバークリア直後に56階からクリア済みの57階に進め、58階へのポータルがあるので、58階メンバーと合流できます。そのため、クリア済の人(できれば2人以上)に手伝って貰うのが理想。&br;あと全部の階に人を残すと当然、進行人数が減ることになるので最低55F(レバークリアのままになる)にだけは生贄を置くのがオススメ。&br;58Fボスは、47F以上にイベント組の時間差に注意。&br;サキュバスの攻撃力がかなり高い上に範囲主体なのでリッチの魔法と組み合わされると47F以上にアッサリ全滅する。&br;ここも前衛・火力組はリッチの数を減らすまで、ライフPや生命のかけらなどを惜しみなく使おう。&br;リッチの数を減らし、サキュバスの攻撃範囲にさえ気をつければ問題はない。サキュバスのタゲが誰なのかを確認しておこう。&br;&br;58Fより上はイベント消化の階みたいなもの。EP1のクライマックスへと駆け上ろう。但し、全員そろうまでボスは倒さないこと。&br;ここより先のボスの攻略は記載しないでおく。戦闘不能回復を優先さえすれば、ここまで来た人たちなら勝てるはず。&br;幸運を祈る!|
|>|クリア報酬|経験値350,000,†テシスの護符R,†発顕の羽
#areaedit(end)
----------
#include2(Chapter/補足リンク,1-2,none)
#include2(Chapter/補足リンク,16-16,none)
CENTER:&br;&br;[[このページのTOPへ>#navigator]]&br;~



    ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS